« 平成21年度観艦式 予行 その5 | トップページ | 産経社説 「外国人参政権 「違憲」の疑い論議尽くせ」 »

外国人参政権付与法案に思う

民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で(産経新聞)

民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎ニ郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。

 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。

 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。

6日に民主党の山岡賢次国対委員長が今国会中に議員立法での法案提出を表明して以来大分やかましくなってきましたね(ごく一部だけですが)。

まず最初に述べておきたいことは、私はこの外国人参政権に関しては反対の立場であると言う点です。

その大きな理由は、

その1 

この外国人参政権問題はこの国のカタチ(日本人が構成する日本国という独立した国家)を根本的に変えてしまうようなものだからです。参政権は国民固有の権利であり、国民とはもちろん日本国籍を所有するものであります。

その2

であるにもかかわらず、国会での議論を深めることもなく拙速な法案提出の考えに及んだことです。

この問題は小泉元首相の郵政選挙の比ではない大きな問題なのです。郵政は所詮、官から民への流れの中でのことです。しかし、参政権問題は国家主権にかかわる重大事(たとえそれが地方参政権であってもです)であるのです。そのため、「外国人参政権問題について問う」と選挙の争点になりうべき問題なのです。

民主党は意図的に今回の衆議院選挙のマニフェストから参政権問題をはずしました。であるならば、次回の参議院選挙でマニフェストに掲げて選挙を戦うべきなのです。それをドサクサ紛れに議論なく提出とは欺瞞以外の何者でもありません。

細かな点については

衆議院議員 平沼赳夫 「永住外国人地方参政権付与は憲法違反 」

外国人参政権に反対する会・公式サイト

日本における外国人参政権(Wikipedia)

などをご覧いただければ、大体のことは理解できるかと思います。

とにかく私が言いたいのは、国のカタチに関わるようなことを簡単に決めてくれるな!!と言うことなのです。

|

« 平成21年度観艦式 予行 その5 | トップページ | 産経社説 「外国人参政権 「違憲」の疑い論議尽くせ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548513/46725985

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人参政権付与法案に思う:

« 平成21年度観艦式 予行 その5 | トップページ | 産経社説 「外国人参政権 「違憲」の疑い論議尽くせ」 »