« 防衛政策なき民主党 | トップページ | 【外国人地方参政権問題】三宅久之「非常に危機感を持っている」 »

【沖縄】基地反対集会 発表2万人参加 → 実数は8千人から1万人以下 

結論先送り、怒りの沖縄 普天間移設問題で集会(産経新聞 09年11月9日web版)

米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の県内移設に反対する大規模な集会が8日、宜野湾市で開かれ、県選出の与党国会議員や一般市民ら約2万1000人(主催者発表)が、鳩山政権に対し、名護市辺野古>(へのこ)への現行移設計画の撤回を訴えた。

ところが、12月18日産経新聞 朝刊によると

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、11月8日に同市内で開かれた「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」の参加者数が、主催者側発表では2万1千人とされてきたが、実際は1万人以下だった可能性が高いことが、複数の警察・情報関係者らへの取材で分かった。民主党政権は、大会を県民の総意ととらえてきたが、実数が半分以下だったことは、同政権の現状認識の甘さを露呈したといえる。

らしい。

実際のところ辺野古移設・県内移設反対は県民の総意ではなさそうだ。しかし、出てくるのは反対意見ばっかり。賛成・容認派はめったに表に出てこない(というか出てこられないのだろう)。結局のところ一部の県民と県外から来た活動家が反対を叫び、メディアがそれに乗っかっているだけなのだ。

同記事によると

那覇市内の複数のタクシー運転手は「2万人以上集まったとはほとんどの県民は信じていない。騒いでいるのは、メディアだけだ」などと話している。

~(中略)~

名護市関係者も「沖縄県の人口138万人余りのうちの1万人弱。しかも県外からの参加者もたくさんいた。大会決議が県民の総意かどうか、考えれば分かることだ」と指摘する。

~(中略)~

ある長老地方議員も「県民は普天間飛行場を一日も早く辺野古に移設し、その後、改めて米軍基地問題を検討して欲しいと願っている。(鳩山政権は)反対派の声ばかりに耳を傾けている」と不満を募った。

我々は沖縄の状況などメディアを通じてでしか知りえない。それであるが故にメディアには複数の沖縄の声を正確に伝えていただきたい。

|

« 防衛政策なき民主党 | トップページ | 【外国人地方参政権問題】三宅久之「非常に危機感を持っている」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548513/47054977

この記事へのトラックバック一覧です: 【沖縄】基地反対集会 発表2万人参加 → 実数は8千人から1万人以下 :

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/12/19 09:41) [ケノーベル エージェント]
宜野湾市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 09時42分

« 防衛政策なき民主党 | トップページ | 【外国人地方参政権問題】三宅久之「非常に危機感を持っている」 »