« 慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士   池田 信夫 | トップページ | 「通名強制なかった」 在日男性の訴え棄却 »

良くわかる歴史講座 第36回

「日韓併合と日本統治」

歴史講座は第36回目を迎えます。「日本」という私たちの祖国が世界に稀なる素晴らしい国であることを、歴史を学ぶほどに誇りに思えるようになってきた方も多くなったのではないかと思います。

さて、今回は「近くて遠いお隣の国・韓国」に焦点をあて「日本の韓国統治の実態」をお馴染の「歴史ブログ人気No1の黒田裕樹氏」にお願いして話していただきます。

高度経済成長を遂げた日本は、決着済みの韓国との問題を蒸す返されても、ありもしない「慰安婦問題」を突きつけられても、言い返す言葉も持たず、私たち日本国民は歯がゆい思いから抜けることはありません。

日本が国力を挙げて韓国の独立と近代化に如何に貢献したかを知ることで、日本国民は自分の国の素晴らしさを知ることになると思います。


日時 平成25年2月9日(土) 14:00~16:00

場所 茨木市クリエイトセンター 2階研修室

講師 黒田裕樹 氏

|

« 慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士   池田 信夫 | トップページ | 「通名強制なかった」 在日男性の訴え棄却 »

ひとりごと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548513/56652717

この記事へのトラックバック一覧です: 良くわかる歴史講座 第36回:

« 慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士   池田 信夫 | トップページ | 「通名強制なかった」 在日男性の訴え棄却 »