ひとりごと

良くわかる歴史講座 第36回

「日韓併合と日本統治」

歴史講座は第36回目を迎えます。「日本」という私たちの祖国が世界に稀なる素晴らしい国であることを、歴史を学ぶほどに誇りに思えるようになってきた方も多くなったのではないかと思います。

さて、今回は「近くて遠いお隣の国・韓国」に焦点をあて「日本の韓国統治の実態」をお馴染の「歴史ブログ人気No1の黒田裕樹氏」にお願いして話していただきます。

高度経済成長を遂げた日本は、決着済みの韓国との問題を蒸す返されても、ありもしない「慰安婦問題」を突きつけられても、言い返す言葉も持たず、私たち日本国民は歯がゆい思いから抜けることはありません。

日本が国力を挙げて韓国の独立と近代化に如何に貢献したかを知ることで、日本国民は自分の国の素晴らしさを知ることになると思います。


日時 平成25年2月9日(土) 14:00~16:00

場所 茨木市クリエイトセンター 2階研修室

講師 黒田裕樹 氏

| | トラックバック (0)

.<韓国大統領選>朴槿恵氏の当選確定 初の女性大統領誕生

夕方以降のテレビのニュース番組が軒並み韓国大統領選を、しかも多くの時間を割いて報道していることに、違和感を通り越して恐ろしさすら感じる。


いったいどこの国のメディアなのか?





ここは日本だろ・・・




最近メディアと国民に意識の乖離が目に余る。。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

良くわかる歴史講座 第35回  =茨木市教育委員会後援=

「万世一系と皇室典範」

 25年度初めての歴史講座は、我が国の長い歴史を貫いた「皇統継続の歴史」を学習してみたいと思います。何かといえば問題が起きる、近隣の国を外縁部に置きながら2600年もの歴その中で我が国は幾多の危機を乗り越え、古来からの伝統と文化を踏まえ「日本」というかけがえのない私たちの故郷を守ってきました。中でも皇室のご存続は、世界史の中でも大きな奇跡とされ、世界各国からの賛辞と称賛を受けていることは皆様の方がご存知のことだと思います。

今回は、評論家として著述家として多角的にご活躍の「谷田川惣」氏をお迎えして、日本の長い歴史を支えてきた、先人の深い知恵と深慮をお話しいただこうと思います。誇りある日本が天皇とともに歩いてきた長い歴史を、ご一緒に勉強してみましょう。子供たちや孫に誇りを持って日本の歴史を伝えて行きましょう。

日時 平成25年1月6日(日) 14:00~16:00

場所 茨木市福祉文化会館 202号室

講師 谷田川惣(やたがわおさむ)氏 (作家・評論家)

    主な著書「皇統は万世一系である」「皇統断絶計画」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良くわかる歴史講座 第34回

南京事件はあったのか?

「日中関係史の真実」

日時 平成24年12月2日(日) 14:00~16:00

場所 茨木市福祉文化会館 202号室

講師 岡野俊昭氏 (新しい歴史教科書をつくる会副会長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが中国品質

【温州(中国浙江省)=河崎真澄】中国の浙江省温州で23日夜に起きた高速鉄道の追突事故で、消防隊や軍など救援隊が24日夕までに大破した車両の一部を重機で現場に掘った穴に埋めてしまった問題で、インターネット上では「車内には生存者がおり、遺体、遺留品もあるかもしれないのに、どうして急いで埋めたのか。最後まで探したのか」と反発する声が渦巻いている。

ほんとバカだろ。さすが中国人だよ。

| | トラックバック (0)

意味あるのか?

首相が南京へ・胡主席は広島へ…中国が打診(2010年1月6日14時31分 読売新聞)

鳩山総理が南京へ。

それで胡錦濤国家主席が広島へ。

胡錦濤が広島に来て何の意味があるんだ????

広島と南京が相対取引なのか????

なんで日本はこんなに外交が下手なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言葉狩りに近いような

愛煙家おじいさん登場、児童誌が販売中止に (2009年12月29日05時08分 読売新聞)

      

ほとんど言葉狩りに近いようなものだよね。児童書の中でおじいさんがたばこを吸っていたらなんで「たばこを礼賛している」となるのかがさっぱりわからん。いやな世の中になったもんだ。

   

基本的にこういった抗議に対して、過敏に反応するほうにも問題があると思うんだが・・・・

     

ちょっとした言葉尻を捉えて噛み付いてくる「差別」問題と同じようなものだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【外国人地方参政権問題】三宅久之「非常に危機感を持っている」

12月20日放送に放送された読売テレビの「たかじんのそこまで言って委員会」は「保守の再生」がテーマでした。安部元首相・櫻井よし子氏がゲストで、外国人参政権の問題にも触れておりました。なかなかメディアがこのテーマに触れないため、イライラしておりましたが、さすが東京では放送していない「委員会」です。

この中で三宅久之氏が「私は非常に危機感を持っているんだけども、どうも国民的にはピンときていないようでね・・」と発言をしていた。

そりゃそうですよ。新聞・テレビのマスメディアがなんにも触れないんだから。一般国民はあまり分かっていないんですよ。それどころか知らない人も多いんじゃないのか。

三宅久之氏も民主党政権になってから、東京の「TVタックル」ではおとなしく自制された発言をしている様子なんですが(カットされているだけかもしれませんが)、「委員会」では結構民主党のことケチョンケチョンに言ってるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から少々イラつきます

中国政府、特例で陛下会見を要請

中国政府が14日の習近平国家副主席来日に向け、所定手続きを経ずに天皇陛下との会見を特例的に認めるよう日本側に求めていることが11日判明。複数の日本政府関係者が11日、明らかにした。外国要人と陛下との会見には1カ月前までの文書での正式申請が前提。中国側からの申請は11月下旬だったが、鳩山首相は民主党の小沢幹事長らの働き掛けを受け、9日に平野官房長官に会見が実現できないか検討を指示したとされる。(共同通信 09年12月11日)

いつもならこんなニュース気にならない範疇なんですけども、小沢民主党・外交オンチ鳩山総理の政権だけに「まさか・・・だよね」と不安になるのです。

国家元首でもない副主席にこんな特例を認めた場合、以後中国に対しては何でもありの状況になってしまいます。また、他国が特例を求めてきた場合にも断りづらくなってくるでしょう。

中国側からすれば「我々は、日本の天皇陛下にはいつでも会えるんだ」(つまりは格下)という認識を持ちかねない事態になりそうですし、前例を作ることで意図的にしているのかもしれません。

まさか・・・・民主党がそこまでどうしようもない人たちだとは思いませんが、ひょっとしたら本当にやりかねない・・・そんな不安が今の民主党にはあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DyDo カプセルトミカ

毎朝買っている缶コーヒーを買ったら付いてきたものです。

コンビニではこの手のキャンペーンはよくあるんですが、これは自販機で買いました。

Cimg4310

ミニカーのさらにミニカーです。

↓これはランサーエボリューションⅩ

Cimg4311

さらに本日、またまた付いてきました。

Cimg4312

なんか箱がむちゃくちゃ懐かしいです。私が子供の頃の箱デザインですよね。

↓スカイライン2000GT

Cimg4313

デミタスのビターリッチにだけ付いてくるおまけだそうです。

結構はまりそう( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ひとりごと | 備忘録 | 経済・政治・国際 | 自衛隊